tel: 03-6807-8796

発症すると死が不可避の狂犬病、「義務」なのに予防接種率は7割に低迷 国内で60年以上発生なく油断、未接種犬が人かむ事件も

发布时间:2024-05-06 人气:9 作者:郝


image.png

発症するとほぼ100%死に至る狂犬病。ウイルスに感染した犬や猫などにかまれると人間にもうつり、犠牲者は世界で年間約6万人と深刻な被害をもたらしている。日本では法律で犬の飼い主に年1回の予防接種が義務付けられているが、30年前までほぼ100%だった接種率は近年、7割程度に低迷する。人間でも動物でも60年以上、国内発生がないことが油断につながっているとみられ、専門家は「狂犬病の怖さが伝わっていない」と懸念する。接種を受けていない犬が人をかみ、地域を不安に陥れる事件も起きた。

返回列表